銀座 誠友堂

Home > ワーク> 銀座 誠友堂

金の支払い調書 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】

金を小分けしないで売却すると必要になる支払い調書についてご紹介します。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

私は金で資産運用をしています。普段は働いていて給料を得ているのですが、万が一に備えて貯蓄の中から少しずつ金を購入することにしました。これまでに購入した額は全部で100万円ほどです。それほど額が大きいわけではなく、あくまで万が一の事態に備えて購入したものなのでしばらく売却する予定はありません。しかし売却して利益が出た場合には所得税の支払が必要になります。所得税は保有期間に応じて計算方法に違いが存在します。保有期間が5年を超える場合には売却価額から取得価額と譲渡費用を合算したものを控除し、さらに特別控除として50万円を引いた額に2分の1を乗じて譲渡所得を計算します。5年以下の場合には2分の1を乗じることはありません。私の場合はまだ購入してから5年経過していないので、売却した場合の所得の計算額は大きくなります。平成24年に政府は支払調書の制度を定めました。かつては金を売却した場合の譲渡所得について申告漏れが多く見られましたが、支払調書の制度が定められたことで税務署が確実に譲渡所得を把握できます。支払調書の提出義務があるのは200万円を超える金やプラチナを購入した買取業者です。金を売却する側の私が直接提出する必要はありませんが、所得税の申告は必ず行いたいと思います。
<関連情報:金 支払調書
PAGE TOP ↑