DRERICH

Home > サービス業界> DRERICH

レンタルドレスのドレリッチ | ウェディング・結婚式ドレスをレンタル!


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ウェディングドレス・タキシード&ゲストドレスのレンタルなら東京・横浜・名古屋・大宮全国4店舗のドレリッチ!結婚式・披露宴・二次会ウェディングドレスが14,850円から。ゲストドレス8,580円。レンタルドレスの全国配送ネットレンタルOK

結婚式やパーティーに参加する際に女性が悩むのは、ドレスをどうするのかという点ではないでしょうか。男性ならばスーツで問題はないので悩むことはありませんが、女性ならば悩むはずです。結婚ラッシュでは結婚式に連続で出席することも珍しくはありません。呼ばれるのは仲のいいグループの友達の結婚式ということも多く、参加する顔ぶれは毎回ほぼ同じではないでしょうか。毎回メンツが違うとなれば同じドレスでも問題には感じないはずですが、見せる相手が毎回ほぼ同じ中で、同じドレスで参加するのは微妙だと感じるのは、当然のことであり、新婦にも失礼に感じてしまうことになります。しかしだからと言って、毎回新たなものを購入するには、ドレスは高額で出費として痛手となります。その際に役立つのがレンタルドレスです。レンタルドレスならば、購入するよりも一回あたりの出費を抑えることができるというメリットはもちろんのこと、毎回好きなものを着ることができるので自分的にも飽きることはなく、ワクワクした気持ちを味わうことができます。それだけではなく、購入とは違いきた後には返却すれば良いだけなので保管場所で困るということにもなりません。レンタルドレスならば、きちんと場に合わせたドレスをレンタルしているので、マナー違反となってしまう心配もないのも良い点といえます。レンタルドレスのショップではトータルコーディネートができるようにバッグやシューズも揃えてあるところも多くなっており、小物類で困ることもありません。どのようコーディネートが良いのか悩む必要があまりないというのも良い点といえるのではないでしょうか。通販で借りることができるレンタルドレスシャップもあれば、実際に店頭にレンタルに行くことができるショップもあり、選択肢が豊富というのもレンタルドレスのメリットであり、今後ますます需要が高まっていくことは間違いないといえるのではないでしょうか。
PAGE TOP ↑