田園都市レディースクリニック

Home > 美容> 田園都市レディースクリニック

横浜市にある不妊症・不妊治療・体外受精専門の田園都市レディースクリニック


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不妊治療を専門としたクリニックです。不妊治療は、お一人お一人の状態に合った治療を心がけながら、お子様ができなくてこまっていらっしゃるご夫婦のお役に立てればと考えております。

不妊治療は医療費控除の対象となることができます。例えば不妊治療の検査代や治療費、薬代や不妊治療に関連する鍼治療やマッサージも含むことが可能です。病院に行く時の往復交通費も対象になるので、電車やバスといった交通機関を使用したら料金などをメモしておきます。1月~12月まで1年間の不妊治療に関係する費用が10万円を超えた場合は医療費控除の申請を行うことが可能です。自分はもちろん世帯で申請することができるので、世帯医療費が合計10万円超えると申請することができます。10万円超えていなくても所得の5%が10万未満なら、医療費控除を利用することができるので源泉徴収書を確認すると良いでしょう。医療費控除の申請は確定申告と一緒に行いますが、申請用紙はインターネットを利用すると入手することが可能です。必要な書類として医療費の領収書やレシート、源泉徴収票の原本や医療費控除分の内訳などになります。交通費情報はメモ書きでも大丈夫で、クリニックの医療費のレシートや領収書などはきちんと取っておきましょう。治療はお金や時間がかかることになるので、効率良く治療を受けるために確定申告時に医療費控除を申請することをおすすめします。医療費控除の申請をすると、翌年の住民税が安くなるというメリットもあります。神奈川には不妊治療を受けることができるクリニックがいくつかあり、中には不妊治療を専門にしているところもあるでしょう。神奈川においてアクセスしやすい場所にあるので、車や交通機関を利用して気軽に受診することが可能です。治療は時間が長くかかる可能性が高く、その分治療費も多くなることが予想されます。神奈川県では不妊に悩む人への特定治療支援事業が行われているので利用することが可能です。対象者の経済的負担の軽減を目的としていて、健康保険が適用されないような治療費の全部や一部を助成してくれます。不妊治療を行う場合、事前に医療費控除や助成金などを調べておくとコストを抑えて利用することができるでしょう。

注目キーワード

救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
<関連情報:不妊治療 神奈川
PAGE TOP ↑