海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

Home > 美容> 海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

海外での腎移植手術で透析治療から離脱を|海外腎移植事情研究協会


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外の腎移植手術に関する情報は「海外腎移植事情研究協会」へどうぞ。海外での生体腎臓移植手術について30年以上の実績を有します。出国から帰国まで最短2週間。帰国後のアフターケアも万全。まずは先輩患者さんから海外腎移植の体験談と当会の信頼性をお聞きください。

今の時代は、昔よりもかなりハイレベルな腎移植をしてくれる、頼もしい医療機関がたくさん見かけられます。国内では、海外のハイレベルな医療チームと連携し、確かな腎移植手術を提供してくれる医療機関も、多く見かけられるはずです。海外の有名な医療チームと連携してくれる、大きな病院を探して声をかけることが重要と言えるでしょう。今実際に、透析治療を受けていたり、もしくは透析治療をこれから余儀なくされる人は、ぜひとも前向きに検討してみることをお勧めします。確かに、透析治療のレベルも高くなっているので、治療を受け続ければ、生活することが可能です。ただ、透析治療を受けるとなると、どうしても生活に支障が出てくるのも事実でしょう。特に食べ物などに制限が出てくるのは、辛いはずです。そういった制限から解き放たれるためにも、海外で腎移植を受けることには、とても大きな意味があるといえます。アメリカを始めとして、他にもヨーロッパやアジアなどで、ハイレベルな腎移植の手術が受けられるので、諦めずに前向きな検討してみましょう。とりあえず、実際に海外で腎移植を受けたことがある人の体験談に注目し、その人たちがどこの国内の病院を通したのか、確認することが大切です。経験者の話を頼りに、間違いのない病院に相談に乗ってもらうことが重要となります。ある程度医療機関を選別することができたら、次にホームページ上から連絡を取り、海外の医療チームを紹介してもらうと良いでしょう。ただ、すぐに紹介してもらうことができるわけではなく、海外の移植手術はとても人気があるので、かなりの時間待たされてしまうこともあります。それを考えると、早めに決断し、すぐに予約を入れることが大事です。専門医に話を通して、腎移植を受けたいと言う旨を伝えて、これからのことを色々と説明してもらいましょう。早ければ、1ヵ月程度で本来の生活を取り戻し、制限から解放された毎日を過ごせるようになります。

注目キーワード

慶應病院
東京都新宿区信濃町にある慶應義塾大学医学部の大学病院。正式名称は慶應義塾大学病院。 →慶應義塾大学病院
精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院
<関連情報:海外 腎移植
PAGE TOP ↑