コッツワールド

Home > 建物> コッツワールド

イギリス住宅・イギリス建材 輸入住宅 東京 リフォーム 洋風 コッツワールド


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

伝統あるイギリス住宅のデザインとイギリス建材を融合させた最高レベルの輸入住宅は東京のコッツワールドにお任せください。

輸入住宅は海外の設計に基づいて海外の工法で建てられた家を指します。構造材・床・ドアなど部材もすべて海外のものを使います。設計にも海外の思想が取り入れられ、生活様式や文化などを取り入れられています。「家は長く住んで受け継ぐもの」などの考え方も設計の内に入っています。輸入住宅は寒さが厳しい北欧や北米の国が多いです。寒い気候に耐えられるように断熱性や気密性を高められているのが大きな特徴です。また、個性豊かな外観も特徴として大きく現れています。ヨーロッパからアメリカにわたってきた移民によって伝えられるのが「北米スタイル」です。木製の壁にドーマー型の窓(アーリーアメリカン)や総レンガ(ジョージアン)などが代表です。 「ヨーロッパスタイル」は温かみのある外観です。「プロヴァンス」と呼ばれる南欧スタイル、地中海スタイルなどがあります。最近人気の北欧スタイルは木やレンガの素朴さを生かしたデザインです。輸入住宅の工法で一般的なのが2×4(ツーバイフォー)です。日本で伝わる柱や梁などで軸を支える「在来工法」に対して海外は木質パネル工法です。床や壁などの面で支えるのが特徴です。面が広いと大きな地震の力を受け止めるので耐震性も高くなります。壁にはパネルも組み立て、壁床には構造用合板を張るので気密性が上がります。断絶材で断熱性も高めているので快適な環境で暮らせるでしょう。もともとの性能が高いので、仕切りが少ないオープンな空間も楽しめます。日本の住宅より廊下や階段にもゆとりが出やすいでしょう。堅牢で地震や台風に強い輸入住宅は、東京で中古や資産として購入するのもおすすめです。海外ではライフスタイルの変化により住み替える人が多いです。長期的なことを考えて資産価値の高い家にするのが当たり前となっています。災害が多い日本ですが、人口が特に多い東京は大きな災害が起きた時の被害は計り知れません。外観面でも耐震性の面でも東京で輸入住宅を建てることは良い選択肢となるでしょう。
<関連情報:輸入住宅 東京
PAGE TOP ↑