ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス業界> ジャパンドッグアカデミー

セラピードッグとさまざまなプログラムを行うドッグセラピストとは


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セラピードッグと共にこころ・身体・コミュニケーション力などの援助を行うドッグセラピスト。ドッグセラピーは高齢者施設、小学校、児童館、医療センターなど活躍の場が多くあります。ジャパンドッグアカデミーでしか学べない技術、知識を身に付けて活躍しませんか。

私には4歳の娘がいました。3歳の時に、思い病気を患っていることが発覚し、そこから長い闘病生活が始まりました。薬の副作用でぐったりしてしまったり、吐いてしまうことも多く、元気で明るい娘ですが、時々弱音を吐くこともありました。そんな時に看護師に紹介してもらったのはセラピードッグでした。小児科に入院していたので、同じような病気の子供も多く、定期的にセラピートップが来てくれていました。セラピードックが来ると、わが子は非常に喜び、元気がない時でも笑顔が見られました。そして告げられていた余命を大きく超えて娘は亡くなりました。 その後しばらくは大きな悲しみに見舞われていましたが、1年ほどたって、娘をいやしてくれたセラピードッグと関わる仕事をしたいと考えるようになりました。娘のような同じ病気を持った子供をいやしてあげたいという思いからです。すぐにドッグセラピーを養成する学校に入りました。学校では実践的な講義が多く、犬と関わる中で娘をいやしてくれた存在であることに感謝の気持ちが湧いてきました。今ではセラピードッグと一緒に病院や福祉施設に行き、いろいろな人を癒やす仕事に就くことが出来ました。とてもやりがいのある仕事なので、これからも続けていきたいと思います。

注目キーワード

子犬
→いぬ イヌ 生後半年くらいまでの犬のこと。 今後犬と生活を共にする場合は、迷子対策(迷い犬対策)の為にいち早い保健所での予防接種と、鑑札受領・取付が推奨される。
犬種
 長期にわたって人類のもっとも忠実なパートナーとなってきたイヌたちに手を加え、人から見て有用な形質を持つイヌに改変していき、そして�犬泙譴燭里� 犬種である。
<関連情報:セラピードッグ
PAGE TOP ↑