ドリームネット

Home > 建物> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローンで考えることはいくつもありますが基本的には自分の収入から考えることになります。つまりは、どのくらいまでならば返済ができるのか、ということです。いまは調子がよいとしても後で駄目になることもあります。本格的に駄目になってしまったのであればもうそれは受け入れざるを得ないことになりますが、少しばかり年収が下がっただけで返済が滞るようなローンは当たり前ですが組まないようにしましょう。大事になってくるのはキチンと無理なく返済できるのか、ということでしょう。そこがはっきりとさせるべきになります。そもそも日本は既に年功序列ではなく、今後、とりあえず会社にいれば給料があがりつづける、という保障がまったくないことになります。ですから、基本的には相当に余裕をもったほうがよい、となります。しかし、そんなことができるわけもなく、多少なりともリスキーなローン計画になるのは仕方ないことでしょう。それと住宅ローンで何かと大変になるのが連帯保証人です。これは金融機関などが非難されている理由でもあるのですが、これを用意することがなかなか大変です。また、仮に用意できたとしても迷惑をかける可能性もありますから、本当に苦労することでしょう。このように住宅ローンというのは決して安易に組むようなことではありませんから、その点はよく理解しておきましょう。金利ですがその時によってかなり違いが出てきます。どのくらいがよいのか、というのは難しい話です。相場はありますが、それはその時の経済状況によるからです。景気がよいときには貸出金利もかなり高めになっていることもあります。必ずそうなるわけではないのですが、その傾向が強くなるのは確かであるといえるでしょう。住宅ローンに関することですが、色々と相談ができるところがありますし、ファイナンシャルプランナーなどにもよいでしょう。しかし、最終的に決めるのは自分自身になりますので覚悟することです。

注目キーワード

協同住宅ローン
日本の住宅金融専門会社。東京都目黒区に本社がある。1979年に農林中央金庫、都道府県信用農業協同組合連合会などが出資して設立された。早々に事業所向けの不動産関連融資から撤退ためにバブル経済崩壊後の破綻を免......
住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
<関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑