ロックセキュア

Home > リビング> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

最近の泥棒は鍵の研究をかなりやっていることが知られています。普通の鍵なら壊すことなく鍵を開けて入ってしまうわけで、その実態に関してネットで検索すればすぐにわかります。またテレビでこの手の泥棒の技術に関して紹介する番組があったりして、その技術力のすごさを知っている人が増えています。これらを知ると安易な気持ちで家に鍵を設置してはいけないことが分かります。家の鍵には細心の注意を払って、泥棒を防ぐ気持ちで設置することが大事です。したがって泥棒を防ぐつもりなら鍵の設置に関してはプロに依頼するのが一番安全と言うことになるのが理解できるはずです。プロは泥棒に関してよく研究していますから、いかなる鍵が泥棒を防ぐことになるかを熟知しています。そのタイプの業者としてロックセキュアと言う業者が知られていますが、ロックセキュアは鍵のメーカーではなく販売施工をやっている業者です。扱っている製品は多種に渡り、その中から顧客のニーズに合う製品を販売施工しています。ロックセキュアは鍵の販売施工をやっている専門業者ですから施工実績が沢山あるわけで、その結果として施工技術が優れていることになります。経験が多ければ多いだけ技術力がアップしていくのはどの業界で同じです。したがってこの会社は当然技術力が優れていますから、その結果として施工後、工事保証の保証書を発行してくれます。鍵は安い物から高い物までいろんな種類が販売されていますが、安い物は当然、簡単に開けられることになります。高い物は開けにくい設計になっているので、泥棒でも簡単には開けれません。鍵にお金を惜しむと泥棒の餌食になる可能性が高まりますから、これを設置する場合にはロックセキュアの方の説明をよく聞いて一番安全性が高いと思われる物を設置しないといけないことになります。家を空けることの多い人は余計に力を入れて鍵の設置をしないと泥棒に入られて後で後悔すると言うことになりますから注意が必要です。

注目キーワード

鍵屋
鍵の専門家。類語:鍵師 家・車・金庫などの財産の施錠に係るロック・サービスを生業とする職業。  ロック・サービスには、紛失した鍵の合い鍵を作ったり、鍵の修理や、鍵の交換などを出張して行うほか、セキュリ......
打鍵
パソコンの入力機構の一つであるキーボードからデータを入力すること。
<関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑