pluspa

Home > リビング> pluspa

モチベーションアップや健康維持に!うつも克服!スパーブヘルスアカデミー


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

薬に頼らず、自分の力で着実に治していく。「プラス思考の習慣づけ」でうつ克服を目指すスパーブ ヘルス アカデミーご案内しています。

マインドフルネスとは座禅を組んだり瞑想をして心を落ち着ける作業です。色々な誘惑とフェイクニュースが飛び交う現代社会だからこそ、マインドフルネスの発想と作業は現役世代には欠かせません。自分の心がボロボロになってしまうと、ライフスタイルは荒みます。ここ十年でスマートフォンやインターネットが急速に発展し普及しました。その結果、世間全体が24時間営業になりました。現役世代のOLやサラリーマンは文字通り朝から深夜遅くまで、仕事に追われるようになってしまいました。本当は就業時間が終わった後、上司が部下に連絡を入れる事はNGです。しかし現実問題として、クライアントから新しい要求が来れば、意思疎通を迅速に図らなければいけません。更に喫緊の課題が新しく会社から飛び込んで来たら、プライベートな時間でも対応する必要があり、人々の心と体は本当に休まる暇がなくなって来ました。だからこそ、意識的に雑念を取り払うマインドフルネスの時間を設けなければいけません。座残や瞑想といったスタイルが一般的ですが、例えばトイレやお風呂でリラックスする事も、実は立派なマインドフルネスとなります。色々と場所やグッズを用意した方が効率は上がるかもしれませんが、いわゆる普通の社会人の部屋でも、その気になればいつでも始められます。雑念を取り払い、外部の刺激から一旦離れる事で心と体を休ませましょう。ほんの数分、意識を休息させるだけでも非常に良い効果があります。特に多忙な時期にこそマインドフルネスの作業は不可欠であり、一度パニック状態になっている時にこそ実践し、気持ちと肉体の疲労をリセットさせれば、その方が返って仕事の能率はアップします。他にも想定外のトラブルが起きた時も、マインドフルネスは効果的です。とにかく素早く返信する事、他人を待たせない事が最優先される現代ですが、ほんの少しメールの返信をする前に、瞑想や座残をし、心をリラックスさせる事で不適切な言動を上手くスルーでき、正しいリスクマネジメントが実現します。

注目キーワード

カウンセリング教育サポートセンター
特定非営利活動法人(NPO法人)カウンセリング教育サポートセンター。 略称CESC(セスク)。 東京都港区。 前身の「東京カウンセリングスクール」は1962年設立。 NPO法人としての設立は2000年。 カウ...
カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
PAGE TOP ↑