さやま保育園ふじみ

Home > 習い事> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

中小企業の中には、産休、育休取得実績はあっても、託児所を用意するのは難しく、子育てがしやすい環境づくりの課題となる所もあります。働く社員が安心して子育てができるように、狭山市の保育園の取り組みに注目する事をおすすめします。企業内託児所をシェアする取り組みを進めるところもあり、狭山市の契約を進める地元企業も多いです。中小企業で託児所を設置する余裕がない場合でも、保育園の力を借りる事で、自社の社員に子育てがしやすい環境を提供する事ができます。また、求人を出す時に、女性も歓迎する狭山市の企業は多いですが、企業の子育て支援の取り組みに注目する求職者は多いため、なかなか女性の方に応募してもらえない企業もあります。そこで、契約を締結する事で、求人を出す時に、契約保育園ありと求人に記載する事ができるようになります。小さなお子さんを持つご家庭で、保育園の空きが少なく、見つけるのが難しいと感じている方もいますし、仕事と子育ての課題を解決したいと転職活動を進める方もたくさんいます。契約保育園ありと求人に記載されていることで、興味を持って、問い合わせを行ってくれる方が増える可能性があります。経営者側も、子育てに関する問い合わせが来ることをきちんと考えて、分かりやすく子育て支援に対する取り組みを伝えられるようにする事が必要です。企業内託児所をシェアできるように、保育園と契約していても、保育園によって、受入定員があるため、タイミングによっては、受け入れが難しい事もあります。まだ空き定員がある場合は、定員枠を確保してもらえるように、月額料金を支払うなど、採用活動を進める時の対策を取る事も重要になります。採用活動でプラスに働く場合もありますし、今会社で働いてくれる社員にとっても、安心してこれからの子育てを考えて、仕事と子育ての両立を進めていけます。女性の方が、安心して働ける環境づくりを進める事により、キャリアアップして、重要な仕事を任せられる人材へと成長する事も期待できます。

注目キーワード

無認可保育所
国の認可や認証を受けない保育所のこと。東京都の場合は、認証保育所でもない保育所のことを指す。24時間保育などを行っている所などがある。公的助成がほとんど無いので保育料が比較的高いとされる。
認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
<関連情報:狭山市 保育園
PAGE TOP ↑