Fatina Fiore

Home > リビング> Fatina Fiore

ウェディングブーケ保存加工専門店 Fatina Fiore


フラワーギフトの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

【全国送料無料】結婚式のウエディングブーケや花束を保存加工して記念に残しませんか?挙式直前や当日、挙式後でもネットで注文してブーケを送るだけで、一生の思い出を形にして残せます。事前のご予約はいりません。「記念にお花を残したい」と思った時にFatina Fioreにご相談ください。

お花は、あらゆる場所に大活躍のできる、優れものです。なんでもない、日常的な生活の中でも、ちょっと、お花の色があるだけで、ずいぶん違う風景になるように感じます。いろいろな色がありますが、どのように組み合わせても、喧嘩をすることがなく、不思議と自然に混ざり、ハーモニーを奏でます。プレゼントにしても喜ばれ、まず、お花が嫌いとおっしゃる方はほとんどいないのではないかと思われます。これからは、母の日のプレゼントには、大変重宝されるものです。母の日には、カーネーションと昔はお決まりでした、昨今では、好きなお花をブーケにしたりして、プレゼントされていらっしゃる光景を目にします。ブーケといえば、やはり、一番頭に浮かぶ、代表的なものとしまして、結婚式の新婦さんが持つ、花束です。和装の場合には見かけることはありませんが、最近は、ドレス姿の新婦さんが多いため、定番となっています。教会で結婚式が終わり、参列された方々の前にブーケトスと言って、持っていたブーケを投げるシーンは、定番になっているようです。でも、記念にブーケを保存される新婦さんも多いようですが、その場合ブーケはそうされるのかと、ふと考えます。保存方法にも、色々とあるようです。新しいところでは、ブリザードフラワーにしたり、アイスフラワーにしたりということでしょうか。やはり、どちらの場合も、専門の業者にお願いすることになるようです。どの場合も一生保存できることは、不可能のようです。一番長く保存する方法は、挿し木にする方法のようですが、この場合には、お花の種類によって、可能なものと、不可能なものがあるようです。そのほかには、押し花にする方法、ドライフラワーにする方法などがあるようです。この中でも、一番ブーケのままの雰囲気を残したまま、保存できる方法は、一瞬にして、凍らせて真空保存をする、アイスフラワーのようです。保存期間としましては、3か月から、6か月ほどと、短い期間になるようです。
<関連情報:ブーケ 保存
PAGE TOP ↑