Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > レクリエーション> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

熊本県球磨川でラフティングをするならノーティーボーイズ


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

九州の熊本県人吉市を流れる「日本三大急流」の球磨川でラフティングを楽しむならノーティーボーイズ!ラフティング初心者の方から「もっと楽しく」「もっと激しく」遊びたいお客様も大歓迎です。各種割引も実地中!!

球磨川でのラフティング体験はこれまでにない新しいチャレンジになりますし、普段は守りの姿勢で生きている日本人ですが、新しい水上での良い刺激にもなるアウトドアスポーツです。急激な川を下っていく少し怖いイメージを持つ人もいるのが球磨川のラフティングですが、水の流れは全てが急激なわけではありません。全く何も知らない人が何のサポートもなく、はじめての水のアウトドアスポーツをするのは不安ですが、球磨川でのラフティングは安全な道具を用意していますし、ガイドなどのサポートもありますから安心です。ヘルメットやライフジャケットなどを着用しての、安全のための道具もあってサポートがあれば、水上でのスポーツも怖いことはありません。専用ボートを傾けて水上で遊んでみたり、普段なら近寄らないような激流を流れてみたりと、非日常の体験をできるチャンスです。テレビで水上でのアウトドアスポーツを見た人は、自分でもやってみたい気持ちがあおられますが、実際にやってみると新たな自己チャレンジになります。心にはドキドキ感が溢れますし、期待と不安とが一緒になってのスタートですが、水上で最後までやり切ったときの達成感は最高です。特に真夏の連休シーズンや夏場の週末には利用者も多くなりますが、平日に利用ができるのであれば、平日に参加をするというのも良い方法になります。現代人の働き方は多様化しているので、すべての人が週末や赤い日の祝日がお休みとは言えず、平日休みの職種の人もありますので、平日が休みならチャンスです。週末や連休期間とは異なり、平日であれば利用者も少ないですし、ボートの利用もしやすくなります。人の少ない穴場的なのが平日の利用ですから、自然の中でのんびりと水の上で身を任せて、穏やかにボートで浮かんですごせますし、自由奈ボート遊びができるチャンスです。土日には込み合うようなスポットであっても、平日ならすいているので思い切り、ラフティングを満喫することができます。

注目キーワード

船橋
ブリッジ Bridge、艦橋とも。 船長・航海士などが位置し、船舶の操船を司る場所。たいていは視界の広い高所に設けられる。
艦船
いわゆる「船」全般を指す。 ・民間用の船である、客船や貨物船等の総称である「船舶」 ・軍事用の船である、航空母艦や巡洋艦等の総称である「軍艦」 以上をまとめて呼ぶときに使用する。
<関連情報:球磨川 ラフティング
PAGE TOP ↑