2次会プランナー

Home > サービス業界> 2次会プランナー

結婚式二次会の幹事代行|1.5次会のご相談もお気軽に! |


結婚の関連情報

結婚(けっこん、英: marriage)とは、夫婦になること。類似概念に婚姻(こんいん)があり、社会的に承認された夫と妻の結合をいう。後述のように学術的には「結婚」はもっぱら配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している
※テキストはWikipedia より引用しています。

30・40代の大人花嫁様からの選ばれる幹事代行会社「2次会プランナー」。ホテルや式場でのウェディング経験も豊富な同世代のプランナー・司会者が結婚式二次会・1.5次会をプロデュース。東京・横浜・千葉・埼玉どんな場所でも開催可。出張相談無料!

1.5次会は、結婚披露宴に比べても、そこまで形式ばったものではないので、気楽に開くことができるのが魅力だといえます。新郎新婦が、呼びたいと感じる人だけ呼べば良いだけの話なので、とにかく気楽です。参加する人が限られている分、パーティー会場も選びやすいと言えるでしょう。ただ、どのような料理を出してもらうべきなのか、そこだけは新郎新婦で考えておく必要があります。例えば、高齢の人が多い場合は、親族たちのことを考えて、バイキングコースより、料理を持ってきてくれるコース料理タイプのものを選んだ方が良いでしょう。逆に元気いっぱいな若々しい人たちばかりの1.5次会になりそうなら、バイキングコースを選んだほうが得策です。その時の状況に応じて、選ぶべき料理というのが決まるので、2人でよく相談してから選ぶことが大事だといえます。 1.5次会のセッティングが面倒だと感じているなら、最初から最後まですべて面倒を見てくれる、司会幹事代行業者に声をかけてみるようにしましょう。結婚披露宴の後の1.5次会のセッティングに慣れている司会幹事代行業者であれば、こちらの望み通りの会場を押さえてくれます。適当な業者に声をかけるのではなく、うまく希望に応えてくれると言うことで有名な業者に目を向けることが大事です。特に最近は、インターネット上の口コミ情報サイトを確認すると、司会幹事代行業者を利用した人の体験談も、すぐに確認できるので、目を向けておいた方が良いでしょう。後は、司会幹事代行業者のホームページに目を向けて、その業者がどのようなサービスを提供しているのか、確認しておくことが大事です。さらに、こちらがどれくらいの料金でやりたいと感じているのかも伝えておき、予算内でやってくれるかどうか見極めることが重要といえます。当然ながら、かかる料金に関しては、司会幹事代行業者によって大きく異なるので、そこは注意しておきましょう。

注目キーワード

結婚式
二人の人間もしくは二つの家族が婚姻という形式を認証する儀式。日本では○○家××家結婚式と書かれる場合が多い。二人の人間は男と女の場合が多い。 教会式、神式、仏式、人前式などさまざまなスタイルがある。
結婚記念日
結婚生活が続いたことを記念する日。 結婚式を挙げた日、あるいは入籍した日が結婚記念日となる。 一般的に、妻は忘れないが、夫は仕事に紛れて忘れてしまうもの。 しかし可能な限り、夫は毎年この日を忘れないよう...
PAGE TOP ↑