CCTカークリーニング竹花

Home > 乗物業界> CCTカークリーニング竹花

車のシート洗浄やシートクリーニング事例|創業32年CCTカークリーニング竹花


車内クリーニングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

車やクルーザーの室内クリーニング、車内清掃の施工事例紹介。ビフォーアフターでご紹介しております☆埼玉から東京、千葉、神奈川までお伺いします!出張料金は埼玉近郊(10km以内)は無料、東京・千葉・神奈川で3,000円(税抜)!

車内はいつも綺麗に保ちたいものですが、意外に汚れる原因はたくさんあります。人間が直接肌で触れたり座ったりしますので、特にシートは汚れる機会が多く気になるポイントです。見えないチリやホコリがたまっているだけでも不快ですし、雨の日などでは出入りの際に泥で汚れます。夏は汗をかきますますので、使用すればするほど汚れが気になります。タバコを車内で吸う方は、ニオイの成分がシートに染み込みますので、短期間には消えませんし、ヤニなどによって汚れがひどくなるケースが少なくありせん。自分が吸ったタバコのニオイでさえ、再び乗車するときに不快に感じるときがあるくらいですので、家族や他の方が乗るときにはより嫌に気分になってしまうかもしれません。できれば定期的に掃除を行うべきですが、なかなかできないという方もいますし、しつこい汚れを全て取り去るのは、手間がかかるからです。そこで専門業者に、シートクリーニング作業を依頼したいところですが、費用がそれなりにかかります負担となるのがデメリットです。細かいところまで隅々まで綺麗にするとなると、専門業者のサービスが有利ですが、何が何でも車内クリーニングとなら、専門業者に依頼すべきと思っていないでしょうか。車内のシートクリーニングをDIYでやることで、費用圧縮できます。さらに、車内清掃を効率的に行う方法のコツなどをみていきたいと思います。まず一般的に必要とおもわれる道具を用意するのが先決です。基本アイテムであるぞうきん、バケツの他、細かい汚れを落とすために歯ブラシや、いわゆるコロコロなどがあると便利です。もし、ない場合はガムテープで代用することもできます。ペットの毛やホコリを除去するのに便利がアイテムですので、必ず用意しましょう。掃除の手順は、まずはじめに大まかにホコリを除去するためには、布団叩きなどを使います。おもいのほかホコリが舞う可能性がありますので、吸い込まないように注意するのがシートクリーニングコツです。
<関連情報:車 シートクリーニング
PAGE TOP ↑