WIP

Home > サービス業界> WIP

WIPジャパン|グローバル法人・企業向け多言語・インテリジェンスサービス(翻訳・翻訳者派遣・オンライン通訳・海外調査)


英語の関連情報

英語(えいご、English)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・大阪を拠点に、約8,000社のお客様と過去50,000件以上のプロジェクト実績。世界139言語・414都市における約9,000名の翻訳者・通訳者・リサーチャー・現地スタッフが多種多様な分野に対応。翻訳・翻訳者派遣・オンライン通訳・海外調査等の高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供しています。

時折、翻訳が必要となる事は多々あります。ボーダレス社会となっている今の世の中では、ごくごく自然なことです。特に外資系産業では日常茶飯事で、そんな場合は翻訳会社にお願いするのが一般的な手順となるでしょう。翻訳会社と一言に言っても本当に山ほど存在しているので、これから利用するときは時間をかけてレベルの高い会社を選ぶことが重要となります。非常に多くの言語を取り扱っている会社なら、まず間違いのない働き方をしてくれるはずです。だからといって油断せず、何も調べずに声をかけるのではなく、前もって評判をチェックするように心がけておきましょう。気になる翻訳会社が見つかったら、口コミ情報サイトなどに注目します。そこから、実際に特定の会社を利用したことがあると言う人の体験談を探すようにしておきたいところです。そこでピックアップされている翻訳会社がどこになるのか確かめさせてもらいましょう。コストパフォーマンスが良いかどうかも、かなり重要なポイントになってきます。書類1枚あたりにどれくらいのお金がかかるのか、もしくは文字単価になっているのか、その辺も気をつけておきたいところです。翻訳会社によってサービス内容も違いますし、支払うシステムに関しても若干変わってくるので、きちんと調べたうえで利用させてもらうようにしましょう。翻訳会社は、かなり多くの種類があるものの、やってくれる事は同じなので、注目すべきポイントはやはりコストパフォーマンスの良さです。こちらの予算をしっかりと決めて、それを1番最初に伝えることが重要となります。その予算内で翻訳してくれるというのが最初から分かっていれば、お願いする価値は大いにあると言えるでしょう。これからも、ボーダレス社会は続くことになるので、翻訳会社はなくなることがないはずです。今のうちにレベルの高い会社を見つけ出して、いざと言う時にお願い出来るようにスタンバイしておくことをお勧めします。
PAGE TOP ↑