アクイル

Home > ワーク> アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中

環境マネジメントシステムの国際規格として知られている、ISO14001ですが、この環境マネジメントシステムの内部監査を行いたいと感じているなら、現場のことを理解してる人間にお願いするのが妥当だといえます。特に、現場のリーダーとして活躍しているような人間なら、安心してまかせられるはずです。上司として現場を取り仕切っているような人間よりも、現場のことを実際に分かっている人間の方が良いでしょう。特に安全性等が問われる工場などの現場であれば、現場の責任者がISO14001内部監査を行うことで、よりいっそう改善すべき場所等が見えてくるようになります。ただ、 ISO規格を通すとなると、しっかりとチェックポイントを理解し、そのためのマニュアルを作成して、その通りにきちんと書類を作成する必要があるので注意です。その作業はなかなかに難しく、時間がかかるものだと言えるでしょう。日ごろから作業現場で忙しくしている責任者であれば、なかなかこの作業に取り掛かることができない可能性もあります。そういった状態の場合は、無理をせずに専門のコンサルティング業者にお願いをすると良いでしょう。実力があり、しっかりとしたISO14001内部監査を低価格で行ってくれるような、良心的なサービス提供業者を探すことが大事だといえます。今までの内部監査事例などを確認するためにも、コンサルティング業者のホームページをチェックしてみるのがお勧めです。ホームページで事例だけではなく、毎月どのくらいのコストが必要になって来るのか、その費用も確かめさせてもらいましょう。口コミ情報なども同時に確認すれば、どのようなコンサルティング会社が選ばれ続けているのかがわかるようになります。環境マネジメントシステムの規格が通れば、クライアントや顧客等に対して、安心感を与えることができますし、何よりも安全性が約束されるので、その現場で働いている人も安心できるはずです。よって、ISO14001内部監査は、確実に行うべきだといえます。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
<関連情報:ISO14001内部監査
PAGE TOP ↑