スタジオエアライツ

Home > ワーク> スタジオエアライツ

アナウンサー 試験 写真 / スナップ写真 【フォトスタジオ エアライツ】


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

見る者の目を奪う!「美しさと可愛く撮り」に特化したエアライツのスナップ写真。書類の突破率は飛躍的に上げられますよ♪

アナウンサーを夢見て勉強していたのですが、実際にスクールなどに通うようになると周囲の人と見た目レベルが違うことを実感して、ラジオ局を選択肢に入れることにしました。アナウンサーにはなりたいのですが、もともとのレベルの違いはもちろんですが、周囲のアナウンサー希望の人のようにきれいでいるための努力をし続ける自信がないことも理由のひとつでした。取材やナレーターなど他の努力なら自分に向いていると思ったので、ラジオ局のアナウンサー試験を受けることにしたのです。 アナウンサー試験を受けるときに使う写真は、正直顔では選ばれないと思っていたので自分で撮ろうかなと思うくらい気にしていませんでした。ある日スクールの先生に、写真を撮ったかどうか聞かれ、まだと答えるとアナウンサー試験を受けるならラジオ局でもきれいに撮ってくれるフォトスタジオを選んだ方が良いと言われました。驚いたのですが、ラジオの仕事は公開収録やイベント、取材など人前に出る仕事も多いので、好感度が大切とのことでした、テレビ局を受ける友達に慌てて教えてもらった有名なフォトスタジオで撮影をした写真で合格し、今はラジオ局のアナウンサーとして充実した日々を過ごしています。

注目キーワード

心霊写真
霊が映っていたり、霊の影響で映るべきものが映っていないとされる写真。多くの場合良くない霊が映りこむとされ、ものによっては持っているだけ、見るだけで霊障があるとされるものもある。その場にいなかった人が映......
生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
<関連情報:アナウンサー試験 写真
PAGE TOP ↑