Studio Verde

Home > ワーク> Studio Verde

レンタル撮影スタジオ スタジオヴェルデ STUDIO-VERDE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

STUDIO-VERDE(スタジオヴェルデ)は、靭公園の前にある撮影スタジオです。撮影会、個人撮影、ECショップ向けの撮影など様々な方にご利用頂けます。

お金を支払うとは言ってもどのような施設を利用するときにも、決められた条件を守る必要がありますし、マナーを守るのは尾坂のレンタル撮影スタジオでも一緒です。いくつも大阪にはレンタル撮影スタジオがありますが、撮影中におなかがすいて何か食べたくなったり、飲みたくなったりすることがあります。その際に気を付けたいのは、スタジオ内では飲食を禁止していることが多いということです。ただし空腹やのどの渇きを我慢するのは人間にとってつらいですから、その施設での利用規約に沿った飲食なら問題はありません。大阪のレンタル撮影スタジオの場合は、スタジオ内では飲食を禁止していても、同じ施設内で飲食可能なスペースが用意してあるので、そこを利用すれば良いです。煙草を吸う人はどこででも喫煙をしたい症状が出てきますが、どのスタジオ撮影場所でも基本的に喫煙はできません。大阪のスタジオ内では煙草をすうことはできないとしても、所定の喫煙スペースが用意をされているので、その場所で喫煙をすることです。またスタジオの建物内や近辺での喫煙は避ける必要があり、所定の場所以外での喫煙は近隣の人が見ています。写真撮影中には背景やモデルの美しさだけではなく、その場の気分を高めるためにも、音楽を流すことがありますが、BGMを流すにも注意が必要です。ミュージシャンが録音のために使う音楽スタジオは、あらかじめ外に音が漏れないように、防音設備が完ぺきですが、撮影スタジオは防音設備などはありません。撮影時の気分を盛り上げるために大音量でBGMを流せば、音は外にまで伝わって、近隣住民からのクレームが待っています。スタジオ内で楽器演奏をするにしても音が漏れるレベルではいけませんので、まずはスタジオにBGMや楽器演奏はしてよいかの確認です。撮影スタジオ内には本格的な機材がそろっていますが、使用方法がわからない時には、誤って壊す前に、必ずスタッフに聞いてから使用をします。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
PAGE TOP ↑