ONELIFE

Home > ワーク> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

確かな技術を持っている人に結婚式に来てもらいカメラマンを務めてもらいたいと考えている人もたくさんいます。人によって異なる部分ではありますが、友人の中に高い技術を持っている人がいる場合もあります。友人に撮影を依頼することができるのかと不安に感じてしまう部分もありますが、結婚式場によっては友人のカメラマンでも立ち入りを可能としてくれる場所があります。そのため友人に撮影をしてもらいたいと考えている人は依頼を考えてみましょう。結婚式のカメラマンを友人に依頼する人はあまり多くありませんが、全体の1割程度は友人に依頼をしている傾向があります。そのため不思議なことではないので、安心して依頼ができると言えるでしょう。結婚式場によっては友人では許可できないと言われてしまう場合もあるので、友人に依頼をしたいと考えている人は、必ず結婚式場に確認を取ってからカメラマンを行ってほしいと依頼をするようにしましょう。最初に依頼をして、後から友人では不可能だと言われてしまうと、依頼をした友人にも迷惑をかけてしまう状態になります。友人に依頼をする最大のメリットは自然な笑顔になれる部分になります。全く知らない人から写真を撮られると、自然な笑顔を作れなくなってしまう人もいますし、緊張してしまい幸せそうなカットが全くなくなってしまう場合もあります。気心が知れている友人であれば心の底から笑顔になれるので、非常に幸せそうなカットを撮影してもらえます。結婚式は1人で行うものではありません。そのため男性女性どちらも納得をした上で友人に依頼をするようにしましょう。どちらかが反対をする場合は、なるべくプロのカメラマンに依頼をするように心がけましょう。共通の友人の場合は、お互いがすぐに納得できてすぐに話を進められる傾向が強いです。

注目キーワード

記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
顔写真
-顔が正面から写っているバストアップの写真。 証明写真に使えるそれと使えない笑顔のもの電話を持ったりポージングしているものがある 一般的なプリクラも顔写真の一種であろう -安易にWEBで公開しない様に注意を呼
<関連情報:結婚式 カメラマン
PAGE TOP ↑