部屋コレ

Home > 建物> 部屋コレ

恵比寿の賃貸不動産・お部屋探しは『部屋コレ恵比寿店』


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

恵比寿で不動産をお探しなら部屋コレ恵比寿店へご相談ください。恵比寿を中心に多くの不動産・賃貸物件をご紹介いたします。

毎年秋に実施されている宅建士の試験は、全国で20万人が受験する人気の国家資格です。使い勝手が良い資格であることはもちろんですが、もう一つが景気回復のバロメーターになっていることです。宅建士は不動産取り引きのスペシャリストとして認知度が高いですし、持っていることで不動産会社や金融機関への就職が有利になります。決して簡単な試験ではありませんが、一念発起して目指す価値はあるのではないでしょうか。バブル期が終わった日本は、失われた20年を過ごして来ました。暗く停滞した時間でしたが、ようやく明るい兆しが見え始めています。都市部ではマンションや分譲地の販売が好調ですし、価格も上昇に転じています。プチバブルの様相を呈していて、景気は緩やかですが回復していると言えます。ただ、将来の日本を考えると楽観とは言えません。地方に行くほど少子高齢化が深刻な状況ですし、空き家の増加が問題になっています。倒壊の危険性もありますし、早急に手を打つべき問題と言えそうです。不動産の未来を考えた場合、移住希望者への対策が求められるのではないでしょうか。空き家を含めた物件が余ることが予想されるので、リフォームやリノベージョンにウエイトを置くことが重要です。お金のかからない住まいを提供することで、都会から地方に移住をしたいと考える若者が増えるのではないでしょうか。無論、退職をした中高年の移住も増えることが予想されています。雇用の問題ともリンクしますが、衣食住が揃っていることが魅力的な環境整備への第一歩だと言えます。高い土地や建物が重宝されていた時代は終わりを告げていますし、より細やかなニーズに応える努力が求められるのではないでしょうか。厳しい経営が続く不動産業界ですが、新しいアイデアを出すことで生き残りが叶えられるはずです。予算の問題もありますが、前向きにアイデアを出すことで、明るい未来は開けるのではないでしょうか。

注目キーワード

三井不動産レジデンシャル
三井不動産グループの住宅分譲会社。分譲マンション事業がメイン。東京都中央区日本橋室町に本社がある。 2005年12月26日に三井不動産レジデンシャル株式会社設立。2006年10月1日に三井不動産株式会社と三井不動産販
不動産業
不動産の分譲、賃貸、売買仲介、鑑定などを行う業種。
<関連情報:恵比寿 お部屋探し
PAGE TOP ↑