家CoCo

Home > 建物> 家CoCo

千葉でリフォームなら家CoCo (うちここ)|船橋、成田、八千代のリフォーム・リノベーション


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉県でリフォームをお考えならぜひ家CoCo(うちここ)にお任せください!お客様に寄り添った住まいの増改築、デザインリフォームで理想の部屋づくりのお手伝いを致します。マンションリフォームや中古リノベーションをお考えの方、船橋、千葉、成田、八千代も対応。

リフォームを行うときには、タイミングを見計らってみましょう。まず、タイミングの一つとして、家族の人数や年齢の変化を挙げることができます。子供は日々成長しています。幼児期には子供部屋は必要なかったものの、小学生になり中学生になると、勉強するための部屋も必要になってくるでしょう。特に受験を控えている場合には、集中して勉強できる環境が必要になってきます。個人の部屋がない時には、思い切ってリフォームを行ってみるとよいでしょう。千葉の業者にお願いすれば、大きな部屋に壁を取り付けてもらうことができ、個室を作ることが可能になってきます。壁を取り付けることで、外の音を気にすることなく勉強を行っていく事ができるのです。小さな兄弟がいるケースでも、問題なく勉強していくことができるでしょう。さらに、壁以外にも扉を取り付けることで、半個室状態を作ることが可能になってきます。費用の面で完全な壁を作ることが難しいときに、最適になってきます。リフォームは、子供の成長だけではなく、夫婦二人暮らしになったときにも行うことができます。子供が巣立ち、夫婦で過ごすことになれば、今までとは全く違う暮らしが待っているでしょう。特に子供部屋は必要がなくなるため、全面的なリフォームを行うと暮らしやすくなってきます。子供部屋だった部分を趣味を行うときに利用する部屋とすれば、仕事をリタイヤしたとしても退屈することがありません。音楽が好きな人は、防音工事を行って、音が漏れないようにすることで、大音量で音楽を聴けるようになるのです。千葉の市街地に住んでいる人も、近隣への迷惑を気にすることがなくなってくるでしょう。ほかにも、絵を描くことが好きな人は、絵画部屋とすることで頭の浮かんだものを絵に記していくことができます。千葉の業者にお願いすれば、絵の具が床についてもさっとふき取れる素材を使ってもらえるので、掃除も楽になってくるでしょう。

注目キーワード

マンションリフォームマネジャー
マンション専有部分のリフォームについて、スペシャリストとしての能力を認定する試験。 財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターが管理・運営をしている。
悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
PAGE TOP ↑